ピルで防げること、防げないこと

ピルを正しく服用すれば妊娠は防ぐことは高い確率で可能ですが、ピルだけでは防げないものもあります。ピルをあまり過信せずに正しい知識を持った上で使用していきましょう。

避妊薬ピルの画像

ピルを過信し過ぎない

ピルは正しく服用すれば、確実に近い確率で避妊をすることが出来ます。
そのため、避妊手術などを除いた方法の中では最も避妊率が高くそれでいて、手軽に避妊できる方法のひとつとなっています。
しかし、世の中には絶対というものはありませんから、過信をしすぎるのも良くありません。

性行為をする以上は避妊手術などを行っていて、そもそも妊娠をすることが出来ない体にでもなっていない限り、妊娠の可能性はあるのです。
ピルを服用していても万が一ということはありますから、過信をし過ぎないようにすることが大切です。
非常に低い確率で正しく服用しているにもかかわらず妊娠をしてしまったということもあれば、飲み忘れていたことに気づかずに性行為をして妊娠をしてしまうということもありえます。
そのため、ピル服用しているからと安心せずにコンドームなどの避妊法も併用すると、より避妊率を高めることが出来安心です。

また、ピルというのは妊娠を防ぐことが出来ても性感染症を防ぐことは出来ませんから、信頼できる特定のパートナーと性行為をするのでなければやはりコンドームの使用をしたほうが良いでしょう。
コンドームは避妊以外にも性感染症の予防効果がありますから、予防効果を期待して使用をするというのも重要な事になります。
妊娠をしないと軽く考えて不特定多数の相手と性行為をしていれば、妊娠はしなくても今度は性感染症にかかってしまって体を傷つけることになってしまうおそれがあるので、ピルを服用していても相手が信頼出来ないのであればコンドームの使用は心がけるようにしましょう。
ピルは大きな利点もありますが、過信をし過ぎるとその利点をなくしてしまうこともあるので注意が必要です。

ピルと並行した避妊

ピルというのは避妊法の中でも特に成功率が高いものとなっていて、妊娠を避けるためだけであればピルを服用するだけでも十分な効果が期待できます。
しかし、世の中には絶対ということはありませんから万全を期すのであれば他の方法も並行して、避妊をするとより安全性を高めることができます。
避妊法として最も一般的なものとしてコンドームの装着がありますが、これは避妊効果だけでなく性病の予防効果も期待できるので安全に性行為をしたいという時には欠かすことができません。
ピルとコンドームの併用して避妊をすれば妊娠の可能性というのは限りなくゼロに近づけることができますし、性病のリスクも低下させることができますからピルを服用している場合であってもコンドームを装着するのが望ましいものとなります。
単体での使用であればリスクが高い膣外射精もピルを服用しているのであれば、妊娠の確率を低下させるのに効果が期待できます。
ピルを服用した時点で妊娠の可能性はゼロに近いものとなりますが、膣内に精液が入らなければその確率は完全なゼロとなりますから膣外射精をしていれば妊娠をすることはありません。
単体では気づかない内に精液が漏れてしまうということも考えられるだけに、避妊法として望ましいものではありませんが最初の段階でほぼ妊娠の可能性がないのであれば、それに加えて精液の侵入の可能性を低下させる膣外射精であっても意味のある行為となります。
ピルを飲んでいればそれだけでほぼ妊娠のリスクは低下しますが、それに加えて他の方法も並行して使うことによって僅かなリスクをより僅かなものとすることができるので、少しでもリスクは少なくしたい場合他の方法も用いてみましょう。

ピルの選び方

ピルにも選び方があります。
性行為をした後で避妊したい場合にはモーニングアフターピルを選んでください。
他の低用量のピルではこの場合効果はないからです。
事後避妊ではなくあらかじめ子供のできない体を作りたい場合は低用量ピルを選ばなければいけません。
しかしこの低用量のピルにも大まかに二つのタイプがあります。
21日分のシートを全てが同じ含有量の成分でできているものと、同じシートのでも成分の量が錠剤ごとに違うタイプものです。
同じ含有量のタイプのものはどの薬から飲んでも同じですので問題はありません。
しかし成分の量が違うタイプですと指定された錠剤をのまなければホルモンのバランスが崩れて大変なことになります。
副作用が出る可能性があるのです。
勿論きちんと飲んでいれば問題はありませんし、むしろこのタイプは元々の人間の体のホルモンの変化に合わせて薬のホルモン含有量もかえていますので体に優しいのです。
自分がきっちりといていて絶対に飲み間違えることはないと自信を持てるのであれば錠剤ごとに含有量の違うタイプのものを選ぶのがいいでしょう。
また28日タイプのものもありますがこちらは7日分は全く効果のないものが含まれています。
それなら飲まなくてもいいのではと思われますが、7日後に薬を飲む習慣を忘れないようにするために偽薬が用意されているのです。
こちらもうっかりしやすい人にはおすすめです。
あと低用量ピルも成分の含有量が低いものがありますが極度に低いものは避妊目的ではなく生理前症候群の解消のために使いたい方におすすめです、他にもピルで副作用が出た方にもいいでしょう。
自分でわからない場合は処方してもらった医師に相談するのが一番です。