ピルを正しく服用すれば妊娠は防ぐことは高い確率で可能ですが、ピルだけでは防げないものもあります。ピルをあまり過信せずに正しい知識を持った上で使用していきましょう。

避妊薬ピルの画像

ピルを飲まない女子が多い理由

女子にとってピルを飲むか飲まないかは大切な問題です。
一番の目的はやはり避妊になります。日本ではピルによる避妊はあまりポピュラーではなく、やはりコンドームの使用が圧倒的に多いのですが、特定のパートナーがおり、性病の心配がない場合に限っては、ピルを飲むことの方が、コンドームなどの他の避妊方法よりも避妊率が高いですし、メリットも多くあります。
月経での悩みがある女性も多くいらっしゃいますが、月経量がとても多い方や、月経前に様々なつらい症状が出てきてしまう方などは、ピルを服用することにより、その悩みを軽減することが可能になります。
またホルモンバランスが崩れることがなくなり、ニキビなどの肌荒れに悩まされることも少なくなるという話もあります。
また新婚旅行など、大切な旅行へ行く際に、生理と重なってしまうのは避けたい場合など、ピルを服用することにより、生理日をずらすことも可能です。
また服用を続けていくことにより、乳がんや子宮がんなどになるリスクを軽減させる作用もあります。
避妊目的だけでなく、女性にとってうれしい効果がたくさんありますが、薬ですので、やはり副作用があります。
有名なものに、体重増加があり、これはやはり女性にとってはとても避けたい副作用です。
また頭痛がしたり、吐き気に悩まされてしまうなどの副作用を感じる方もいらっしゃいます。
またタバコを吸われる方は、血栓ができやすくなってしまうため、ピルの服用が勧められません。
メリットが多いピルですが、副作用があると聞いて、やはりピルは飲まないと決めてしまう女子が多いようです。
副作用はすべての人に出るわけでなく、一部の人のみですので、試してみたい方はお医者様と相談して、試してみるのも良いです。