ピルを正しく服用すれば妊娠は防ぐことは高い確率で可能ですが、ピルだけでは防げないものもあります。ピルをあまり過信せずに正しい知識を持った上で使用していきましょう。

避妊薬ピルの画像

出産するのは男性ではなく女性なのでピルで避妊を

性行為をするときに避妊は、男性任せにしているという女性は少なくありません。
避妊をするときに最も多く用いられている方法としては、コンドームがありこれは男性の性器につけるものであることからどうしても男性主導での避妊になってしまいます。
相手が避妊に対する意識が高くて、最初からすぐに付けてくれるようであれば信頼をすることが出来ますが中には感度が落ちるから、面倒だからといってすぐに付けてくれないような男性も多いものです。
また、膣外射精といった避妊にならないような避妊法を用いることもあり、そのような行為をしていれば妊娠の可能性は飛躍的に高まってしまうものです。

しかし、妊娠をしても出産をするのは男性ではなく女性である以上は避妊に関して男性以上に真剣に考える必要があり、女性主導で避妊を行う必要があります。
それでも避妊を言い出しづらいという時には、ピルを服用して避妊をすると良いでしょう。
ピルであれば女性自身が行うことができる避妊方法であり、更に極めて高い避妊率があることから望まぬ妊娠を避けることが出来ます。
薬を飲むだけでほぼ完璧な避妊をすることが出来、相手がいい加減な避妊をしていても妊娠を心配することなく性行為をすることができ安心です。
もちろん、ピルでは妊娠を避けることが出来ても性感染症は防ぐことが出来ないので、決まった相手と性行為をするのでなければコンドームを使用することが望ましいのですが、最低限妊娠のリスクだけはほぼゼロにすることが出来ます。
妊娠をして一番困るのは女性ですから、避妊に関しては男性任せにしないで女性も真剣に避妊を考える必要があり、それにはピルを服用するのが、一番効果的なのです。