ピルを正しく服用すれば妊娠は防ぐことは高い確率で可能ですが、ピルだけでは防げないものもあります。ピルをあまり過信せずに正しい知識を持った上で使用していきましょう。

避妊薬ピルの画像

救急時に使用するピルは薬局で販売されていない

ピルは世界中で広く普及している、女性が服用する経口避妊薬ですが、飲み忘れさえなければ、コンドームよりも高い避妊成功率を誇っており、女性の日常生活の質を、格段に向上させてくれる素晴らしい医薬品です。低用量ピルは、含まれるホルモン量をぎりぎりまで下げながら、なおかつ高い避妊成功率を約束してくれるので、副作用を極力抑えることができ、安心して服用できるようになっています。このような低容量とは違って、中用量ピルは、救急時に飲むもので、避妊に失敗してしまったとき、つまり性交後に服用するもので、膣内で射精後72時間以内に飲めば、妊娠を回避することができるといわれています。ただし、ホルモン量も多量に含まれ、ホルモンバランスを急激に変えてしまうので、強い吐き気や頭痛、腹痛などの副作用のリスクは高まり、辛い症状にも耐えなければなりません。まだ低用量ピルを飲む習慣をつけていない時に、コンドームが外れたり破れたりしてしまった、といったときや、残念ではありますが性被害に遭ってしまった時など、クリニックで処方してもらえます。我が国においてはピルは原則、クリニックで処方してもらうもので、ドラッグストアなどではどんなタイプのものも販売されていません。特に救急時に飲むアフターピルは、前述したように一刻を争うものなので、普段から準備しておくか、処方してくれるクリニックをあらかじめ調べておくかが重要で、72時間といっても、時間が経てば経つほど避妊成功率は下がっていってしまいます。その為、ネット通販など、海外の医薬品を個人輸入代行してくれる業者であれば販売しているので、念のためにお守りがわりとして手に入れておくこともお勧めです。